スタッフ便り
2017/04/20

【開発裏話】『野菜スペシャリスト講座』

2

こんにちは、「野菜スペシャリスト講座」開発担当のMです。

みなさんは、野菜はお好きですか?
そして、1日に野菜をどのくらい食べていますか?

厚生労働省では、健康増進という観点から、1日350g以上の野菜摂取を目標として示しています。
しかし、実態は、すべての年代で目標値に達しておらず、
一番少ない年代(20代女性)は目標値の2/3(230g弱)しか摂取できていないそうです。 (出典:平成27年国民健康・栄養調査)

私は野菜が昔も今も好きですが、
使う野菜や料理のレパートリーが少ないことや特に忙しい時期は外食が続き、野菜をあまり食べられないのが悩みでした・・・。

そういった悩みを、今回講座を一緒に開発した先生方に相談したところ、

●トマト、きゅうりなど、生で丸かじりできる野菜を食べる
●家で食事できる機会の多い、朝ごはんで野菜をしっかり食べる

まずはこれらを実行すると、1日の必要量を確保しやすいというアドバイスをいただき、 そうか、まずはこれでいいんだ!と気持ちが楽になったことを覚えています。
(これらを含めた、野菜摂取のコツはテキストに詳しく書いてあります)

また、サブテキストの「野菜&ヘルシーレシピ集」の料理を、 校正と日々の食事を兼ねて自宅で作り、 以前よりたくさんの種類と量の野菜を食べ続けていたら、 だんだんと体の調子がよくなっていき、 周囲からは「ちょっと痩せたんじゃない?」と言われるように! (※個人の感想です)

野菜にはビタミンやミネラル、食物繊維、いま注目の「抗酸化作用」など、
体の調子を整えてくれる栄養成分がたくさん含まれているとテキストでも勉強しますが しっかり野菜をとると、本当に体が整ってくるのだな、と開発しながら実感することができました。

また、開発中は、500種以上の野菜や果物を取り上げ、撮影したので 例えば大根1つとっても、様々な品種があり、特徴があること、 それぞれの食べ方や調理法などを知ることができたので スーパーや旅行先でのお買い物や、日々の料理がとても楽しく充実したものになっていきました。

野菜や果物の知識を増やし、調理のコツや様々なレパートリーを身につけると 自分と家族の食生活も、気持ちも豊かになると実感しています。

ぜひ、当講座で、野菜と果物について学び、体も心も健康で豊かな毎日を手に入れてくださいね。

▼野菜スペシャリスト講座についてはこちら
http://www.u-can.co.jp/offpc/Tr.do?k=1&id=5033&c=5296RAym01&vl=_manabiessta_20170420_seq1400

2件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
  • コメントありがとうございます。学びーズ運営スタッフです。
    受講開始のご報告、ありがとうございます。
    野菜と食育の知識を楽しく学んで、ぜひ健康的な食生活にお役立てください!
    ご不明な点があれば、学びオンライン プラスなどでたくさん質問してくださいね。
    Marderhuntさんの両立学習、応援しております!
  • ユーキャンから食育実践講座案内が来て、健康も鑑みて、野菜スペシャリスト講座と併せて申込みました
投稿の報告
「学びーズ」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる