スタッフ便り
2018/04/12

【開発裏話】介護食コーディネーター 講座

2
クリップ

みなさん、こんにちは。
「介護食コーディネーター講座」開発担当のKです。

開講したての「介護食コーディネーター講座」。
高齢者の介護をする訪問介護士の方や、高齢のご家族においしい食事を食べてもらいたいという方に、ぜひおすすめしたい講座です。
そんな当講座の特長は、介護食作りに役立つノウハウが具体的に身につくこと。

突然ですが、次のうち、介護食におすすめのものはどれでしょう。

A のどごしが良い「もずく酢」
B お正月に食べたい「もち入り雑煮」
C カフェメニューの定番「フレンチトースト」

答えはCの「フレンチトースト」。
しっとり柔らかくて食べやすいおすすめメニューです。
パンを先に牛乳に浸してから卵液を加えると、短時間で中までしっとり仕上がるので、ぜひ試してみてくださいね。
Aのもずく酢は×。
のどの通りが良すぎるものは、飲みこむときにむせやすいという難点が…つるっとして食べやすいように思えるのに、意外ですよね。
Bの「もち入り雑煮」は、もちろん×。
おもちをのどに詰まらせたら大変です。

でも実は、当講座には「お雑煮」のレシピがあるんです。
それは「大根もちのお雑煮」。
そう、主役のお餅はもち米のお餅ではなく大根もち。
大根の風味がお雑煮の汁によく合います。
これならお正月に家族みんなでお雑煮をいただけますよね。

介護食作りのノウハウとアイディア満載の当講座。
ぜひチェックしてみてくださいね。介護食作りを学びながら、料理の腕も上がるかも!

▼「介護食コーディネーター 」の詳細はこちら
http://www.u-can.co.jp/offpc/Tr.do?k=1&id=5487&c=5296RAym01&vl=_manabiessta_20180412_seq1434

2件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
  • コメントありがとうございます。学びーズ運営スタッフです。
    当講座はレシピだけでなく、高齢者に必要な栄養知識や
    食事介助のポイントなども学べるので、
    提供できる「食」の幅がグッと広がることと思います!
  • 高齢者の方が起こりやすい誤嚥性肺炎を予防して、食事の制限を少なくして美味しい食事を楽しむことが出来る講座だと思います。
    脳血管疾患で嚥下困難の方にも応用出来ると思います。