スタッフ便り
2018/11/27

【開発裏話】開発後も責任を持って…

クリップ

みなさん、こんにちは!ユーキャン開発担当のKです。

ユーキャンの開発部では、新しい講座のデビューに向けて、日々教材の制作を行っています。
真心こめて作った講座が無事にデビューすると、開発担当としては一安心。
…ですが、ホッとしたのも束の間。デビュー後にも大事なミッションが待ち受けているのです。

それが「改訂」です! 
改訂とは『教材の内容を見直し、改めて修正すること。』

改訂の際は、万が一教材に間違いが見つかれば、その間違いを直すのはもちろん、日々受講生のみなさんから寄せられる意見や質問を参考に、「ここがわかりにくいかもしれない」「ここは表現を変えた方がもっとよくなるかも…?」 と、より一層受講生の理解が深まるように、見直しを行っています。

開発の際には、専門の先生や開発担当者など、複数の目でミスがないようにチェックしていますが、デビューした後に、受講生の方からいただく意見は、実際に受講を経験したからこそ出てくる【生の声】。
先生や開発担当も「なるほど~!」と勉強になる意見もたくさんあります。
受講生の皆さんからいただく意見や質問が、テキストの改良につながり、後輩受講生の皆さんにとっても、より学びやすいテキストへと生まれ変わる貴重な声になっているんです!

ということで、ご意見を寄せてくださる受講生の皆様、ありがとうございます。
これから受講される皆様は、先輩受講生の声をもとに、改良を重ねたユーキャンのテキストを味わってみてください。

0件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください