スタッフ便り
  1. TOP
  2. スタッフ便り 【3ヵ月間講座体験モニター】第1弾報告ブログ VOL.2
2017/06/27

【3ヵ月間講座体験モニター】第1弾報告ブログ VOL.2

3

みなさん、こんにちは!学びーズ運営スタッフです。

今回は講座体験モニター1ヵ月目のレポートVol.2!
食生活アドバイザー(R)、認知症介助士、宅建士を受講中の3名のレポートをご紹介します。
みなさん、どんな風に学習をスタートされたのでしょうか?

【3ヵ月間講座体験モニター】第1弾 報告ブログ VOL.1はこちらから

 

あやかっち さん (食生活アドバイザー (R) 受講中)

Q. 届いた教材についての感想を教えてください。

A. テキストが届く前は、食生活アドバイザー2・3級となっているので、テキストがたくさんあるのかなと思っていました。
実際届いてみたら科目は6つあるのに、メインのテキストは2冊だけで、1センチに満たないくらいの厚さでびっくりしました。
2級用、3級用とテキストがわかれていないのも、びっくりしました。


 

Q. 学習を始めての感想を教えてください。

A. 昨年独学で保育士試験の後期試験を受験しました。一部不合格の科目があり今年の後期試験を再チャレンジするのですが、保育士試験の食と栄養の勉強をクリアしています。
今、取り組み始めた栄養と健康の科目は内容が重なる部分が多くて取り組みやすいです。
2級マークのついた部分で、たんぱく質を構成するアミノ酸の種類の表がありました。初めて聞くアミノ酸の名前がたくさんあり、記号に関しては全て初めて見ました。2級を受けるにはたくさん勉強が必要だと感じました。


 

Q. 1日のうちでどんな時間帯に学習をする予定ですか?

A. 平日は小学生の娘が宿題をやっている時間帯に、自分も一緒に食生活アドバイザーの勉強に取り組みたいと思っています。
毎日勉強するのがベストだということはわかっていますが、休日は今まで通りたくさん子どもと遊んだり、おでかけをしてあげたいので、できる日だけ無理せず取り組もうと思っています。

 

Q. 次回、第2回目レポート提出時(6/6-7/2)までの目標は?

A. 今年の11月の試験日程が幼稚園行事と重なり、且つ、居住都道府県では試験がないことがわかりました。
来年の7月の試験で2級3級の一発合格を目指して勉強を進めようと思っています。
試験まで1年以上時間があるので、とりあえず目次に沿って1日1項目ずつテキストを読んでいこうと思っています。
次回レポート提出までには、テキスト1のレッスン12までを読んでおきたいです。
まだ添削課題の1回目に取り組んでいなかったので、そちらも取り組んでおきます。


⇒食生活アドバイザー(R)講座の詳細はこちら

 

kaeruniなん さん (認知症介助士 受講中)

Q. 届いた教材についての感想を教えてください。

A. 待ちに待っていた教材が自宅に届き、中身を開封した際に、「これから頑張ろう」という高まる気持ちの反面…テキスト以外にも副教材が同梱されており、 その量に「自分でも出来るのかな〜」と、早速不安になってしまいました(笑)。
「まず、どこから手を付けていいのか?」そんな気持ちを見透かされたように用意されている"ガイドブック"を見て、手順を確認。
そして、自分の名前が記入された"スケジュール表"の存在も、「頑張ろう」という気持ちが高まり、不安が払拭されました。


 

Q. 学習を始めての感想を教えてください。

A. まだ学習を始めて日が浅い訳ですが、その中で改めて再認識出来た事があります。
それはテキストの序盤で出てくる『認知症の方と接する際の心構え』。
高齢者の方々と接する際の、基本的な部分と重複する内容なのですが、頭では分かっていたつもりだけども…。日々の生活、仕事の中で高齢者の方々と接する際に、果たして今の自分にそれが出来ているのか?守る事が出来ているのか?と、改めて考え、「なぜ自分が学習したいのか」という原点に立ち返る事が出来ました。知識も大事ですが、人と接する際の大事な部分を再認識する事が出来ました。

 

Q. 1日のうちでどんな時間帯に学習をする予定ですか?

A. 学習は休日を主に進めておりますが、平日の時間帯の夜、寝る前に少しでもテキストを繰り返し読むよう意識してます。
理由としては、2つあります。
1つ目は、日々15分でも良いのでテキストを読む癖をつける為です。
何事にもあきっぽい性格な自分なので(笑)、いきなり休日に一気に学習を進めようと思っても継続出来ないと思ったためです。
2つ目は、今回学習している『認知症介助士』のテキストは決して分厚い訳ではないですが、当然ながら専門用語も記載されております。
もちろん解説もついていますが、気になることがあれば、自分で調べるようにしてるので、コツコツ自分のペースでやるために、日々無理のない範囲で取り組んでいきたいです。

 

Q. 次回、第2回目レポート提出時(6/6-7/2)までの目標は?

A. まず学習を続けることです(笑)
どうしても初めは学習意欲も高く、一気にテキストをすすめたくなりますが、自分のペースで丁寧に理解しながら続けていきたいです。
また、テキストも"知識編"から"実践編"と進む予定なので、学び、そして自分自身で実践した事を報告出来るようにしたいです。
あとは、実際に気になるところは自分で調べて、学習するのも大事ですが、せっかくなので質問をさせて頂いて、独学では味わえない、ユーキャンスタッフ様とのつながりを身をもって感じたいです。


⇒認知症介助士講座の詳細はこちら

 

いなばさん さん (宅地建物取引士(宅建士)テキスト版)

Q. 届いた教材についての感想を教えてください。

A. テキストが届くまでユーキャンさんの市販本の速習レッスン、宅建士で勉強していたので、比べてみるとですが、通信のテキストのが覚えるのに力を入れるところや、そこまで覚えなくても問題は解けるところ、理解する為の考え方などが丁寧に書かれていると思いました。


 

Q. 学習を始めての感想を教えてください。

A. まだ勉強が進んでいないので、あまり発見とかは少ないんですけど、賃借人は民法で保護される場面が沢山あるって思いました。宅建士として働くとなれば、知らないといけない知識だと思いました。
後は、「学びーズ」に行けば、皆さん勉強されてるので、「私も頑張らねば!」って思います。

 

Q. 1日のうちでどんな時間帯に学習をする予定ですか?

A. お昼以降、夕方から。仕事が深夜からなので。

 

Q. 次回、第2回目レポート提出時(6/6-7/2)までの目標は?

A. 基礎テキスト2.3を終わらせたいです。
沢山いるモニター応募者の中から、選んで頂けたので、本当に感謝しています。一生懸命頑張らないとって思っています。
次回のモニターの感想は、もっとちゃんとした物を書けるようにしたいです。


⇒宅建士講座の詳細はこちら

※今回、モニター体験いただいている教材は「宅建士本科講座(テキスト版)」です。
本科講座(アプリ版)、宅建士速習講座(アプリ版・テキスト版)ではございませんので、ご注意ください。


いかがでしたか?
それぞれの講座の様子が少し垣間見え、興味を持たれた方もいるのではないでしょうか。
次回「2回目体験レポート報告」は7月下旬に公開予定です!

楽しみにお待ちくださいね♪

 

5件の「いいね!」がありました。
5件の「いいね!」がありました。
3件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
  • こんにちは。学びーズ運営スタッフです。コメントありがとうございます。
    学習経験者のみなさんの声、とても参考になります。
    次回のモニター報告も、ぜひ楽しみにしていてくださいね(*^^)v
  • 私は現在、栄養士の仕事をしながら宅建士講座を受講しています。宅建士講座はとても分かりやすく、楽しく勉強しています。

    栄養士の勉強をしているときに、私もアミノ酸の種類の多さには驚きました。
    その中でも、恐らくヒトの必須アミノ酸は必ず覚えなければならないと思います。
    バリン、リジン、ロイシン、イソロイシン…と、私は語尾が似ているものから並べて覚えていました。
    語呂良く、歌を歌うように覚えた記憶があります(´▽`)♪

    モニター報告、とても楽しく読ませて貰ってます。
    ただ、色々な講座のレポートを見ると、次に受講したい講座が目移りしちゃって困りますね(*´∀`)
  • 認知症介助士講座は昨年私も受講して資格を取得をしました。
    学ぶ前には理解出来なった様々な事柄、認知症の方々の行動にも意味があることなど知ることが出来て、現在では学ぶ前に比べて接し方が違ってきたように思います。自分自身の予防にも役立つと思います。
    ポケカロと予防レシピは現在も手元に置いて活用しています。
投稿の報告
「学びーズ」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる