スタッフ便り
2020/10/09

【食の講座通信】芋・栗・南瓜は永遠のアイドル!?秋野菜の甘さの秘密

6

みなさん、こんにちは!ユーキャンスタッフです。

食と栄養の専門家であるユーキャン講師が、多岐にわたる「食」の情報をお届けする
【「食」の講座 指導部通信】

今回は、甘くてコク深い秋野菜のおいしさの秘密にせまる【芋・栗・南瓜は永遠のアイドル!?】を公開!
気になるその内容の一部をご覧ください。

・・・・・・・・・

秋本番、実りの秋、根菜類が旬を迎えていますね。
土の中で養分を蓄えた芋類やニンジン、レンコン、ゴボウ、地上にずっしりと腰を下ろすカボチャ、イガイガに包まれぷっくりと顔を出す栗など、
ほっくりほくほく食感と優しい甘さは、今も昔も女性たちの心を掴んで放しません。

紅葉前線と共に北から南に旬が南下し、色付きながら風味を増す秋の味覚は女性たちばかりでなく冬眠を迎える動物たちにも大人気です。
人気の秘密はズバリコク深い“甘さ”!
秋野菜や果物が赤や黄色に色付き甘さを増すのには大きく二つの理由があり、そこには生き物の生存にかかわる秘密が隠れています!

理由の一つは、厳しい冬の寒さでも凍らないためです。
甘さのもとであるでん粉質、つまり糖質を蓄えることで糖度を上げていくわけですが、これは冷凍庫の水はすぐに凍るのに、ジュースなど甘さがある液体は凍りにくい現象を思い出していただければ分かりやすいですね。凍れば枯れてしまいますから、甘さは野菜や果物たちにとって冬を生き抜く防寒対策、死活問題なのです。…(続く)

・・・・・・・・・

いかがでしたか?
「食の講座 指導部通信」では、秋野菜が冬に向けておいしさを増す二つ目の理由や、調理の際に甘さを引き出すコツをご紹介!
ぜひチェックしてみてくださいね♪

「▼ 続きはこちらから! ▼
【「食」の講座 指導部通信】

⇒ その他10月記事の公開スケジュールです。
■ 2回目:「今こそ考えよう『食品ロス』について」10月20日(火)
■ 3回目:「『天高く換気抜群!お外ご飯のススメ』ベランピンクを知っていますか?」10月30日(金)

知っておくと便利な食材の知識や調理のコツなどは「調理師講座」、「はじめての家庭料理講座」、「食育実践プランナー講座」、「スイーツコンシェルジュ講座」などの食関連の講座で詳しく学ぶことができます。

ユーキャンの料理系講座を、一度覗いてみませんか?

▼料理系講座特集はこちら
https://www.u-can.co.jp/offpc/Tr.do?k=1&id=4729&c=5296RAym01&vl=_manabiessta_20201009_food

6件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
  • 料理に関する講座を学んでいますが、玉ねぎなどを炒める時には弱火から中火の弱めで焦がさない様にじっくり炒める事が書かれていますが、理由があるのですね。
    栄養価を高めて美味しさを引き出すのですね。
    石焼き芋が甘くて美味しい理由が分かりました。
    サツマイモが長持ちする理由も分かりました。
    チョコレートケーキを冷凍しておいてもすぐに食べることが出来る理由も分かりました。
  • こんにちわ。
    なんと もしかすると‼️
    今回の ぱくぱくちゃん、
    目がー。ハート かわいらしい
    今日も、私は、ご機嫌、
    ありがとーございます。_(._.)_
  • 秋の味覚にはそんな秘密があったのですね。
    ユーキャンの料理系講座はとても興味があります。
    記事を読んでますますやってみたくなりました!
投稿の報告
「学びーズ」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる