スタッフ便り
  1. TOP
  2. スタッフ便り 【食の講座通信】今年はゆっくり十五夜を過ごそう
2021/09/10

【食の講座通信】今年はゆっくり十五夜を過ごそう

4

みなさん、こんにちは!ユーキャンスタッフです。

食と栄養の専門家であるユーキャン講師が、多岐にわたる「食」の情報をお届けする 【「食」の講座 指導部通信】。

今回は、【今年はゆっくり十五夜を過ごそう】を公開!
気になるその内容の一部をご覧ください。

・・・・・・・・・

9月も中旬に近づき、日に日に秋の気配を濃く感じます。さて、秋の行事といえば「運動会」や「文化祭」、「ハロウィン」などがありますが、今年は「十五夜」に注目してみませんか。

■「十五夜」とは?

「十五夜」とは、旧暦の8月15日の夜のこと。空が澄んで月が最も美しく見えることから、お月見を行うようになりました。秋の真ん中に出る満月ということで「中秋の名月」ともいいます。
月の満ち欠けを基準とした旧暦では、その年により「十五夜」の日にちが変わります。2021年の「十五夜」は、9月21日(火)です。

平安時代の貴族が、中国の風習を取り入れてはじめたといわれるお月見。酒宴を催し、詩歌をよんだり、船に乗って水面に揺れる月をながめたり。 貴族の間では、月を直接見るのではなく、水面や、盃の酒に月を映して愛でていたようです。

江戸時代には、庶民の間にもお月見の風習が広がりました。庶民のお月見は、収穫に感謝する「収穫祭」として親しまれるようになりました。
月見団子や収穫物をお供えしたり、稲穂に見立てたススキを飾ったりします。
季節を大切にする日本料理では、この時期、たまご焼きを丸くくり抜いたり、しんじょに艶やかなあんをかけたりと、月に見立てた料理を提供しています。 四角い食器は使わず、丸い器でお月見を演出します。里芋を使った衣被(きぬかつぎ)も、月に見立てた料理のひとつです。

…(続く)

・・・・・・・・・

いかがでしたか?
「食の講座 指導部通信」では、十五夜料理もご紹介しています。十五夜料理に挑戦してお月見を楽しんでみませんか?

▼ 続きはこちらから! ▼
【「食」の講座 指導部通信】

⇒ その他9月記事の公開スケジュールです。
■ 2回目: 人気の秋鯖、臭み無くおいしく!のコツ 9月17日(金)
■ 3回目: Coming Soon! 9月30日(木)

家で過ごす時間が長い今、日本の行事や風習などを見直す良い時期かもしれません。
ユーキャンの「食育実践プランナー講座」では、食育に関する基本的な考え方、日本料理の歴史や行事食、科学的根拠に基づくおいしさのセオリーなどなど、幅広く学ぶことができます。
ユーキャンでは、「調理師」、「食生活アドバイザー」、「スポーツ栄養」、「介護食」、「離乳食・幼児食」、「薬膳」、「スイーツ」など、食に関するさまざまな講座をご用意しています。ぜひ一度、講座のご案内をご覧ください。

▼料理系講座特集はこちら
https://www.u-can.co.jp/offpc/Tr.do?k=1&id=4729&c=5296RAym01&vl=_manabiessta_20210709_food

4件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
投稿の報告
「学びーズ」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる