スタッフ便り
2019/08/14

【学びのコツ】俳句が詠める粋な大人に!俳人が指南する美しい俳句の作り方とは?

みなさん、こんにちは。
学びーズスタッフです。

テレビ番組から火がつき、ブームとなっている俳句。日本語の美しさや季節の豊かさを感じられることから、ハマる方が増えているようです。
そこで今回は、俳句の基本的な作り方やコツについて、俳人の堀本裕樹さんに教えていただきました!

■俳句はどうやって作る?まずは俳句の基本ルールを知ろう!

今回、俳句の教えを請うべく訪ねたのは、堀本さんが主宰する「たんぽぽ句会」。俳句初心者でも楽しみながら上達を目指せるということで、取材当日も初参加の方がちらほら。
まずは俳句の基本ルールについて、堀本さんに教えていただきました。「5・7・5」の17音で作る以外に、知っておくべきことはあるのでしょうか?

「俳句は『世界一短い詩』と言われていて、海外でも『HAIKU』と、日本語の呼び名のまま親しまれています。俳句の基本ルールは、『5・7・5』の17音であることと、季節を表す『季語』を入れること。
基本的にはこの2点をクリアすればいいのですが、『や・かな・けり』に代表されるような『切れ字』を入れたり、あえて『字余り』や『字足らず』にしたり、といった表現方法もあります。
俳句は奥が深い世界ですが、基本中の基本としては、『5・7・5』と『季語』の2つのルールを守れば、自由に作ってOKです」(堀本裕樹さん)

■1文字も無駄にできない!美しい俳句を作るコツとは?

俳句を作る上での基本ルールは、「5・7・5」と「季語」の2つのみ。自由度が高い一方で、だからこそ上手に、美しく作るのは難しそうに感じてしまいます……。堀本さんによると、美しい俳句には以下のような特徴があるそうです。

「言葉のリズムというか、韻律がいいですよね。また、読んで映像が鮮明に浮かぶと『美しい俳句だなぁ』と感じる時が多いですね」(堀本裕樹さん)

美しい俳句は「韻律がよく、映像をイメージしやすい」と言う堀本さん。堀本さんは、そんな俳句を作るためにどんなことを心掛けているのでしょうか?

「一番は、言葉を正確に使うこと。日本語を正確に、美しく使うことが、俳句の美しさに繋がります。17音の言葉って、短いじゃないですか。だから、美しくないと目立つんですよ。1文字でも違和感のある表現をしてしまうと、そこだけ浮き上がって見えてしまうので、一字一句に気を配りながら作るといいですね」(堀本裕樹さん)

■初心者が俳句を作ってみた!俳人による添削は……?

お題:春浅し
【春浅し 車庫に陣取る 隣家の猫】

取材スタッフのコメント
====================
「引っ越したばかりの我が家の車庫で、隣家の猫が車と車庫の壁の間で暖をとっている様子を詠んだ句です」

堀本さんの添削
====================
「俳句を作るのは初めてですか?初めてにしてはとても上手だと思います。
『陣取る』という表現もユニークでいいですね。情景をさらにイメージしやすくするために、『どんな猫だったのか?』を伝えるといいかもしれません。
あとは、『春浅し』という季語について。この俳句の場合、『し』だと言葉がブツッと切れてしまうので、『春浅き』にすると繋がりがよくなります。
以上を踏まえて、僕なら『春浅き車庫に陣取る三毛猫よ』にしたいですね。最後に『三毛猫』と、どんな猫だったのかという一番言いたいことを持ってきて、さらに文末を切れ字の『よ』とすることで感動が乗ってきます。添削は答えではないので、参考までに」

■日常や人生が輝き始める!あなたも俳句を始めてみませんか?

俳句は「日常を、人生を豊かにしてくれるもの」と言う堀本さん。

「短い言葉に凝縮して、自分の思いを伝えたり風景を詠んだり……手軽なのに、さまざまな表現ができることが俳句の魅力だと思います。
そして、俳句を詠もうと思って日常生活を送ると、今まで気に留めていなかった景色が、輝いて見えるようになるんです。特に季節の移り変わりには敏感になりますね。先ほど『季語』のお話をしましたが、『季語』を知るということは、日本の季節を細かく実感していくことなんです。
季節の花や旬の食べ物も覚えますし、例えば、トマトは1年中スーパーで売られていますけど、夏の季語なので「あぁ、トマトの旬は夏だから、その時期のトマトがやっぱり一番美味しいんだな」などの気付きがありますね。そういったことが日常を、ひいては人生を豊かにしていくことに繋がると思います」(堀本裕樹さん)

俳句を詠む上で欠かせない「季語」。「季語」を知り、季節を繊細に感じることで、日常や人生を豊かに過ごせるようになるというのは、俳句の大きな魅力ですね。
ちなみに「季語」を調べたい時は、季語の辞典とも言える「俳句歳時記」で調べるのがおすすめとのこと。
あなたもこの機会に、俳句を日常に取り入れて、粋な人生を楽しんでみてはいかがでしょうか。

※今回の記事は「マナトピ」を参考に作成しました。
▼参考記事:俳句が詠める粋な大人に!俳人が指南する美しい俳句の作り方とは?
https://www.u-can.co.jp/offpc/Tr.do?k=1&id=6177&c=5296RAym01&vl=_manabiessta_20190814_mtA327

0件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
投稿の通報
「学びーズ」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上通報ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の通報
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※通報者情報、通報内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる