スタッフ便り
2020/07/15

【学びのコツ】スマホ依存症から抜け出すための生活改善方法とは?

みなさん、こんにちは。
学びーズスタッフです。

今や私たちの生活に欠かせないものとなったスマホ。しかし、便利で楽しいスマホも使い過ぎると生活に支障をきたすことが......。勉強中にもついついスマホを触ってしまうという方は多いのではないでしょうか。
スマホを見ていないとイライラする」なんて人は、スマホ依存症かも?!
今回は、精神科医である徳増卓宏先生のアドバイスをもとに、スマホ依存症とその改善方法についてご紹介します。

■「スマホ依存症」とは?

そもそもスマホ依存症とは……?徳増先生によると、「スマホの使用について、セルフコントロールがきかない状態」のことを指すのだそう。スマホ依存症になってしまう原因については、このように教えてくださいました。

「もともとは、ネット上のコミュニティーへ参加することで得られる安心感、ゲームで味わう快感、暇つぶしで動画を見る……といったことが始まりなんです。徐々に使用時間が増えていき、それが習慣化してしまいスマホ依存症に……といったケースが多いと考えられます」(徳増卓宏先生)

人の暮らしを便利で豊かにするはずのスマホが、いつの間にかスマホのための暮らしに……。習慣化すると自分では気が付きにくく、自覚症状がないことも特徴の一つと言えそうです。

■スマホ依存症がもたらすデメリット

スマホ依存症のデメリットは、使用時間が長くなって生活に支障をきたすだけではありません。家庭や交友関係、仕事にまで悪影響を与えてしまうことがあるそう。

「スマホを常に触る行動が習慣化し、使用時間がどんどん長くなり、この状態が長期間続けば、社会生活へのダメージがより一層大きくなることが想定されます。例えば、家庭崩壊や現実での交友関係の希薄化。仕事においても、規約違反が続き、最悪の場合解雇……なんてこともあり得るでしょう」(徳増卓宏先生)

さらに、身体面にも影響が。

「眼精疲労、ドライアイ、視力低下、ストレートネック、肩こり、猫背、不眠症など、さまざまな症状が出現する可能性があります」(徳増卓宏先生)

スマホ依存症は自分だけではなく、他人にまで迷惑をかける可能性があるのです。「たかがスマホの見過ぎ」と甘く見ないで、早めに対策したいですね!

■目指せ、脱・スマホ依存症!タイプ別スマホとの上手な付き合い方

まずは、自分がなぜ依存症になってしまったのか、現状について理解を深めることが大切です。徳増先生によると、「タイプ別の原因と解決策を知ることは、脱・スマホ依存症への第一歩になります!」とのこと。スマホ依存症を、SNS・ゲーム・動画の3タイプに分け、タイプ別の改善方法についてご紹介します。

①SNS依存タイプ
他人と繋がっていたい、仲間外れになりたくない、常に情報をアップデートしておきたいタイプの人。安心感を得たいという動機から始まることが多い。

【脱・スマホ依存症アドバイス】
「どういう時に不安になりやすいのか?」「他人の評価を気にしすぎていないか?」など、それぞれの不安への対処の仕方を見直すことが大切。例えば、いいね!の数を確認したり、「自分の知らないところで友人が集まっていないか……」といった不安解消のためにSNSを閲覧したり、負のスパイラルに陥っていないか常にセルフチェックをしましょう!

②ゲーム依存タイプ
成長意欲が強く、競争心も強めなタイプの人。オンラインゲームであれば、ゲーム仲間との繋がり、レベルアップ、アイテム獲得など、ゲームから得られる快感をまた味わいたいという欲求から始まることが多い。

【脱・スマホ依存症アドバイス】
「ゲームで得られる快感は疑似的なものだ」ということを認識し直すことが大切。現実からの逃避としてゲームをしていないか?本当に今もそのゲームが楽しくてやっているのか?「最初は楽しかったけど今はそれほど……。習慣としてやっているだけ」という人は、本当にゲームをしたいという意思があるのか、まずは自分に問いかけてみると良いでしょう。

③動画依存タイプ
孤独や退屈など、一人で時間を過ごすことが苦手なタイプの人。その孤独を紛らわすために、時間をつぶす方法として始まることが多い。

【脱・スマホ依存症アドバイス】
「動画を見ていることの意味」を考え直すと良いでしょう。目的意識を持って見ているものがいくつありますか?連続再生や関連動画などを惰性で見ていないか、再度確認してみましょう!

このように、スマホに依存してしまう理由はさまざま。ですが、「脱・スマホ依存症」のために徳増先生が共通して必須条件だとするのが、「スマホの通知をすべてオフにする」というもの。強制的にスマホとの距離を作るというわけですね。
難しい人は、スマホ依存症対策用アプリを使うのもおすすめ。使用していない時間の分だけ植物や動物が成長するもの、ある程度の時間使用するとロックがかかるものなどがあるので、試してみると良いかもしれません。

スマホ依存症から抜け出すことで得られる一番のメリットは、「自分の時間が増えること」。
徳増先生は、「本当に必要なことに時間と労力を使えるようになれば、生活の質が向上するはずです」と、アドバイスしてくれました。
みなさんもぜひ、この機会にスマホとの付き合い方を見直してみてはいかがでしょうか? 

※今回の記事は「マナトピ」を参考に作成しました。
▼参考記事:デジタルデトックスでメンタル改善!スマホ依存症から抜け出すための生活改善方法とは?
https://www.u-can.co.jp/offpc/Tr.do?k=1&id=6671&c=5296RAym01&vl=_manabiessta_20200715_mtA387

4件の「いいね!」がありました。
4件の「いいね!」がありました。
0件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
投稿の報告
「学びーズ」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる