スタッフ便り
2019/09/10

【お仕事インタビュー】接客人数1万人以上の元ネイリストが、中小企業診断士の資格を取得!

3
クリップ

みなさん、こんにちは。
学びーズスタッフです。

今回はネイリストから中小企業診断士に転身した、つだまどかさんにインタビュー!
中小企業診断士の資格を取得してから、非常に充実した毎日を送っているというつださん。
気になるお話を伺ってみましょう!

■経営やマネジメントのやりがいを知った、ネイリスト時代
――つださんは、なぜネイリストという職業を選んだのでしょうか?

高校卒業後、大手旅行会社で働いていたんですが、「人を美しくする仕事がしたい」と思い立ち、転職先として美容業界を選びました。
美容業界の中でもネイリストを選んだのは、単純に「かっこいい」と思ったのと、当時はまだネイルサロンが少なく、市場拡大が見込めると感じたからです。

――今では中小企業診断士として活躍していますが、ネイリスト時代から経営には興味があったのでしょうか?

そうですね。24歳の時に、赤字だったお店に異動して改革に取り組むという経験もして、自然と経営を意識するようになりましたね。
改革では、スタッフの数をギリギリまで減らしたシフトを組み、さらに、店の外に出て通行人の方々にも笑顔での挨拶を徹底するなど、ご来店いただくためのさまざまな工夫を実施しました。
また、客単価を引き上げることを目標に掲げていましたが、「目標を達成したら部長にご馳走してもらおう」と企画してスタッフのモチベーションを高め、幸いなことに異動翌月には目標を達成、大幅な黒字化を実現することができました。

――その後も、経営やマネジメントに関わる仕事を行っていたんですか?

はい。スーパーバイザーに抜擢され、不採算店のクローズやマニュアルの整備、社内資格試験制度の構築など、マネジメント側の仕事を行っていました。
担当エリアの業績を上げて会社に貢献することや、部下に活き活きと働いてもらえる環境を整えることに、喜びを見出すようになっていましたね。そして、会社からも頑張りが認められ、28歳で最年少の管理職になることができました。

■30歳を前に、中小企業診断士へのチャレンジを決意
――中小企業診断士へチャレンジするきっかけはなんだったのでしょうか?

ネイルサロン部門のマネージャーとして、スタッフを統括する立場になり、体系的な経営の知識が必要だと感じて、中小企業診断士を目指しました。また、資格を取って別の場所で自分を試してみたいという気持ちもありましたね。
私は大学に行っていないことがコンプレックスだったので、「中小企業診断士に合格したら自分に自信が持てるのでは」という気持ちもありました。あと、「ネイリストが中小企業診断士になったら面白いんじゃない?」という、ギャップを狙う気持ちもありましたね(笑)。

――中小企業診断士の勉強は大変でしたか?

大変でしたね。ただ、試験に落ちた時に「もっと勉強すればよかった」と後悔はしたくなかったので、月平均約130時間の勉強時間を捻出しました。比較的早く帰れる部署に配置転換してもらい、睡眠時間は4~4.5時間くらいでしたね。
勉強のためにあらゆることを犠牲にしました。勉強を始めてからの2年間は、ほとんど友達と遊ばず、テレビも見ず。歩いている時間も学習時間にあてるくらいの勢いで、頭の中でさっきまでやっていた勉強の復習をしていました。

――それだけ努力しても確認テストでいい点数がとれず、ショックを受けたこともあったそうですね。

100点をとっている人もいた確認テストで、私は40点しかとれず、かなりショックでしたね。学生時代にあまり勉強をしてこなかったツケが回ってきたと思い、これまでの積み重ねが大きく影響することを思い知りました。
そんなふうに自信を失くしていた時に支えてくれたのは、勉強仲間でした。「こんなに頑張っているんだから、絶対大丈夫!」と言って励ましてくれたことは、今でも心に残っています。

■経済的なゆとりや社会的な評価も、中小企業診断士という資格のおかげ
――現在のつださんのお仕事の内容を教えていただけますか?

2人の子どもがいるので、比較的時間の融通が利きやすい、美容院の経営者が集まるイベントなどでの講演や、中小企業診断士の講師としての仕事が中心です。子どもが今よりも小さい時は、執筆など家でできる仕事ばかりやっていました。
資格を取ってから10年になりますが、やりたい仕事を一緒にしたい人と、自分のペースに合わせて行うことのできる毎日を送っています。どこに行っても、子どもを産んでも、自分のライフステージに合わせて働けていますね。中小企業診断士は、自分の強みを活かして働き続けることのできる、一生モノの資格だと思います。

――中小企業診断士の資格を取ったことで、素敵な出会いもたくさんあったそうですね。

さまざまな業種の方々との、素敵な出会いがありましたね。
そういった出会いから学びや刺激をもらうことで、私もビジネスパーソンとして格段に成長することができました。現在の経済的なゆとりや社会的な評価も、中小企業診断士の資格を取ることで得られたものだと思います。

……

いかがでしたか?
資格取得によってキャリアアップやキャリアチェンジを実現した方へのインタビュー企画。今後もご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

※今回の記事は「マナトピ」を参考に作成しました。
▼参考記事:接客人数1万人以上の元ネイリストが、中小企業診断士の資格を取得したら
https://www.u-can.co.jp/offpc/Tr.do?k=1&id=6310&c=5296RAym01&vl=_manabiessta_20190913_mtA317

4件の「いいね!」がありました。
4件の「いいね!」がありました。
3件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
  • コメントありがとうございます。
    中小企業診断士は、非常に強力な資格ということが分かりますよね。
    みなさんも、身につけた知識を日常でどんどんアウトプットしてみてください!
  • 中小企業診断士は、気象予報士、司法書士、電験三種と同様に最難関の資格ですね。大卒でもなかなか取得出来ない資格の様ですが、大学へ行かなくて取得するのは凄いと思います。
    かなり勉強をされたのかなと思います。
    職業の経歴も凄いです。
  • 中小企業診断士を取ると色んな業界を見れるというのは魅力的と感じました。
投稿の通報
「学びーズ」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上通報ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の通報
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※通報者情報、通報内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる