通信講座体験談
3
クリップ
ユーキャン「実用書道講座」の学習中の声です。学習進捗や教材の活用方法など、学習中だからこそ分かる口コミを教えてください。
また、同じ講座を学習中の仲間との交流にも、ぜひお役立てください!

※修了生の方は体験談掲示板にご投稿ください。
※学習に関する質問は学びオンライン プラスで承ります。
3件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
  • 【学習中の声】
    まだ1回目の添削を出して、今週ようやく2回目の添削が出せそうなところです。
    ちょっとした熨斗書きや署名の時に筆がうまく使えず困っていたため、実用書道講座を習い始めました。
    膨大な教材を前に、敵に挑むような気持ちで、それでも自分は元がへたくそなので、完璧さよりもまずは日々続けることを目標にして取り組んでいます(笑)
    教材は日を追うごとに難しくなっていくようにちゃんと考えられて作られている気がします。なので、日を追うごとに自分のできる筆使いの幅が拡がっていくような気がしてやりがいがあります。
    1回目の添削が帰ってきたのですが、まだ筆の持ち方もおぼつかない作品ながら丁寧に添削されており、初学者ということも考慮されたような優しいコメントで一層やる気が出てきました。でもまだ始めたばかりなので、まずはしっかりやり抜くことを目標に、趣味として楽しく続けたいと思います。
    • tebasakisamaさん、初めまして。
      私も14年前に学び、途中10年ほど中断していましたが、現在も書道を学んでいます。
      膨大な教材に思いますが、実物大のお手本なので量が多いと感じられますが、練習していくうちに新しい文字を書くことが楽しくなり、量の多さは感じられなくなります。

      現在も熨斗の表書きや年賀状は毛筆で書いています。
      業者さんへの代金支払いの名前も封筒で毛筆で書いていますが、達筆だと言われています。
      頑張ってくださいね。
  • 小学生の時2年間書道教室で学びましたが、書道に興味がなく止めてしまいましたが、数十年後に学びたくなりました。仕事の関係で、書道教室に行くことが出来ませんでしたが、新聞の広告で通信教育を行っていることを知り受講しました。書道教室と変わらない指導を受けることが出来て、上達するとともに書道の楽しさ、奥深さを知りました。現在も書道を学んでいます。
シェアする
4件の「いいね!」がありました。
4件の「いいね!」がありました。
この記事のタグ