通信講座体験談
  1. TOP
  2. ユーキャン通信講座体験談(評判・口コミ)一覧 【日本語教師養成】講座 合格体験談

【日本語教師養成】講座 合格体験談

10
クリップ
ユーキャン「日本語教師養成講座」の合格体験談です。合格のコツや学習方法など、修了された方ならではの口コミを教えてください!
学習中・検討中の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

※学習中の方は学習中の声掲示板にご投稿ください。
10件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
  • ユーキャンで学ばせていただき、1度の受験で合格できました。私は日本語教師というものに縁もゆかりもない者です。今勤務している会社に技能実習生がおり、彼らに日本語を教えるため、上司から日本語教師になるように言われ志しました。
    元々「読む」のが苦手な為420時間の講習を受けられるのであればそちらにしたかったのですが、私の住んでいる県には受けられるところが無く、隣県まで通わなければなりません。正社員で勤務し、小さい子供もいるため、通信教育を選択しました。
    テキストを読んでも「?」で、単元ごとにあるチェック問題を、テキストから正解を探し当てて覚える方法をとりました。(この時点ではわからない問題が9割。)理解できない分野はインターネット動画で解説している人を探しました。ユーキャンの質問にも頼りました。今読み返すと的外れな謎の質問もしていました。
    私が勉強を出来るのは夜10時〜1時迄の3時間。日曜日も夫は仕事なので、日中はやろうとせず(やろうとすると出来なくてイライラするので)夜だけと割り切り、3か月毎日欠かさずやりました。子供が一緒に寝たいと泣いても負けることなく(笑)、膝枕で寝かしつけながら勉強をしました。これを来年も?と考えると恐ろしくなり、やるなら1度で合格を!と強い気持ちで臨んだのが良かったと思います。
    記述問題には苦労しました。しかし最終的には本番で(今年度は3つのキーワードがありましたが)3つともすべて使用し書くことができました。
    私はユーキャンのテキストは初心者にやさしいテキストだと思っています。ただ1つ残念なのは索引がないところです。そのため市販の参考書も買いましたが、やはりユーキャンのほうがわかりやすいため、市販の参考書は索引だけ使用させてもらい、分野を特定しユーキャンのテキストに戻るという作業をしました。
    それと、過去問はやったほうがいいと私も思います。時間配分対策もこの試験では重要な点の1つでした。(1問1問じっくりやっている余裕がない試験です。)私は5年分を2周しました。そこで間違った問題を単語帳に書きました。最終的には単語帳が5つになりました。
    当日は「定年まであと1年」さんと同じく私も手が震えて大変でした。、それも努力した証だったと今は思っています。壮大な達成感を味わうことができました。お世話になりました。ありがとうございました。
    • 合格おめでとうございます!
      仕事や育児と忙しい中でもコツコツと積み重ねてきた成果が見事実りましたね。
      また、参考書に関する貴重なご意見もありがとうございました。今後の教材づくりの参考にさせていただきます。
      今後のご活躍をスタッフ一同心より応援しております。
  • 2019年10月に受験した1回目の挑戦はショックの不合格、年明け2020年1月からユーキャンの復習を再開し、2回目の挑戦でやっと合格できました。
    来るべきセカンドキャリアの選択肢に、2018年11月に日本語教育検定試験の合格を決意し学習を始めました。「合格実績No.1」を謳う通信講座は価格もテキストの分量も少々決意を揺らがせるものであったため、他に無いか探していたら丁度ユーキャンの講座が始まった情報をネットで得ました。価格とテキストの分量は約半分程度で、勉強嫌いな私の決意にも沿っていました。
    学習は毎日の通勤電車、朝30分と夕の30分だけです。提出課題に取組む時のみ休日にも行いましたが、それ以外は平日の通勤時以外の学習は行いませんでした。それでも毎回の課題は及第点を頂き、模擬試験もテキストを見ず時間も測って実施しましたが、合格レベルの得点を頂きました。そこまでが6月。その後2回、合計で本番までに3回の通読と課題取り組みを行い、テキスト各章の小テストや課題、模擬試験はほぼ満点を取れるまで頭に入れて1回目の本番に臨みました。
    ところが見たことも無い問題や「問いの言い回し」が慣れたテキストと違っていたりと、大苦戦。最後の小論文では普段キーボードに慣れてしまった指が、大々緊張も相まってブルブル震えて文字が書けません。ロッキード事件の証人喚問で文字を書けない証人が国会中継のTVに映っていたのを「本当にこんなになるんだ!」と思い出しました。結果は不合格。ネット記事の分析によると、おそらくあと2~3点で合格ラインとのこと。
    2020年1月より再度決意し、2回の全章復習に取り掛かりました。また、持ち帰った2019年の試験問題をやってみると「何でこんなものを間違ったの?」と驚くほどイージーミスが多く、緊張だけでなく「問いの言い回し」が慣れた問題と違っている事での苦戦に気が付きました。そこで他社の問題集を2冊購入し、ユーキャン講座の全てと2019年試験問題、他社の問題集2冊を3回ほど通しで行い、2020年の本番に臨みました。全てがほぼ95%以上正答出来ていましたが試験後の手ごたえは前回以下で、3回目の受験を予想していた所に思いがけぬ嬉しい通知!
    ユーキャン講座で十分合格は可能です。
    ただ「問いの言い回し」に慣れる為、他社の問題集や過去問も少しやっておいた方がいいと思います。
  • 2019年10月に受験した「日本語教育能力検定」になんとか合格しました!
    2月から始めた通信講座、ヤル気の波が上がったり下がったり、9月に提出した小論文の添削がギリギリに返却されて試験に臨みました。
    ユーキャンの通信講座は、他社に比べてお値段もテキストの量も控えめで、仕事と家庭のスキマ時間に取り組むにはちょうど良い量でした。
    それでも、添削課題は3回くらいやり直したし、ユーキャンのWEBテストのほか、ネットで公開されているテスト対策問題やスマホアプリの例題集などに取り組みました。
    過去問の解答も、詳しく解説してくれている親切なHPを見つけ、ノートに書き写しながら覚えました。
    試験から結果通知が届くまで約2ヶ月。気が気じゃなかったけれど、合格証書を手にして、ようやく一安心。昨夜、自己採点してみると、出来たと思っていた試験ⅠとⅡは平均より少し良かったくらいで、出来なかったと落ち込んだ試験Ⅲが平均点よりかなり良く、命拾いしたようでした。
    合格と不合格は紙一重、運が良かっただけのような気もします。
    これからも、日本語指導ボランティアしながら、勉強し続けたいと思います。
  • テキスト4で悪戦苦闘してます!
    かなりボリュームがあるように思います【テキストが厚いから⁈】が、少しずつ前に進むしかないと思います。
    用語集があると便利ですねー。
シェアする
投稿の報告
「学びーズ」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる