通信講座体験談

【准サービス介助士】講座 合格体験談

34
クリップ
資格試験を見事に合格された方の体験談をご覧ください!
また、すでに合格された方は、これから資格取得を目指す仲間に、みなさんの「生の声」をぜひご投稿ください!
34件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
  • 合格おめでとうございます!
    どんなふうに学習をすすめられたのか丁寧にお伝えいただき、ありがとうございます。これから取得を目指すみなさんの参考になることと思います。
    今後更なるご活躍を、スタッフ一同心より応援しています。
  • 2ヶ月で合格しました。毎日1レッスンづつ、朝15分〜20分の学習を毎日継続しました。まず、「学びオンラインプラス」で動画を見てからテキストを一読したあと、チェック&ドリルも答えを予想しつつ、テキストを見ながら回答し、間違ったり解らなかった問題はテキストにマーク。その後に「学びオンラインプラス」のテストを何も見ずに回答して理解度をチェック。これが毎日の学習です。
    テキスト1が終わったところで、全ての問題を解きなおし。テキスト2が終わったところでも全ての問題を解きなおし、添削問題も同様です。添削問題が戻ってくるまでは、チェック&ドリル、添削問題を解きなおして復習。添削問題で間違ったところをテキストにチェック。テキストのチェックした部分を読み直してテストに望みました。毎日継続したことがよかったのかと思います。それと、チェック&ドリルと添削問題はテキストを見ながら解答するように受講ガイドにはありますが、最初からテキストを見るのではなく、解答を予想してから解答することで知識が定着したと思います。
    • サーティーズのあお様

      はじめまして。
      御自分のお顔をアップされる方が珍しく感じ、思わずプロフィールを拝見しました。
      体調を崩され、おつらい思いをされたことでしょう。
      今は、御加減はいかがでしょうか?
      私の病気は、慢性疲労症候群線維筋痛症と知的障害(発達障害)、鬱です。
      仕事をしていた頃は、「朝方2時帰宅⇒7時20分に家を出る⇒タイムカードは8時出勤/17時退社」というブラックな職場におり、すっかり体調を崩してしまいました。
      医師に「死にたくなかったら仕事を辞めろ!」と言われ、ハッと気がついたときには身体・精神がボロボロでした。
      いろいろ悔しい思いをしたのですが、今は「辞めて良かった。」と思っています。
      時期は決めていませんが、ユーキャンでもう1つ別の資格を取得したいと思っており、また戻って来る日が来ると思っています。
      お互い、前を向いて頑張って行きましょう!
    • たんぽぽの根は深い!様
      はじめまして。コメントありがとうございます。今は多少落ち着いていますが、短期の仕事を細々とやり、あとは障害厚生年金でなんとか生活している状態です。年齢的にも求人がなかなか無く、就活も大変です。私は癌から自律神経失調症、うつ病と患い、復職後にパワハラを受け、身に覚えのないセクハラの噂をたてられ、居所が無くなって退職しました。この悔しさを社労士になることによって自分と同じような苦しみを味わう人を一人でも減らしたいと考えています。
      一緒に前進しましょう。
  • サービス介助士、合格おめでとうございます。
    周りの方にもサポートをしていただきながら掴み取った合格は、喜びもひとしおですね。
    准サービス介助士から更なるステップアップを果たされたこと、私たちも大変うれしいです。今後のますますのご活躍を、スタッフ一同心より応援しています。
  • 皆様、御無沙汰しております。
    先日、サービス介助士試験に合格いたしました。
    当方宅は田舎なので、今までの受験経験から「私一人だったりして?」と申し込みましたが、当日、会場には15名ほどが集まっておられ、驚きと共に、とても緊張しました。
    患っている疾患から、「車椅子操作など、無理かもしれない。二日間に渡る実技試験に、最悪はドクターストップがかかるかもしれない!」と思って参加しましたが、何とか二日間を乗り切ることが出来ました。
    いったん、床に就いてしまうと自力で起き上がることも出来ない体なものですから、毎朝3時30分に主治医に電話をし、最終的には6時30分に「今日は500m以上は動くな!」とか、「今日は2kmまでだったら許可する!」など指導されての生活で、二日目の朝に「腕が痛くないか?正直に言え!」と問われ、「マズイ!その通り!許可が出ないということだ。」と思い、時刻表を見ました。
    主治医が「6時30分までは、まだ帰宅するな。待機しろ!」と仰り、硬くなった筋肉などをマッサージし、待機していたところ、6時26分に医師より電話があり、「最悪、途中で痛みに耐えられなくなったら帰宅しろ!取り敢えず、試験会場へ行け!」と許可が出ました。
    「何とか皆さんに御礼を述べて帰ることが出来る!」と思い、涙が出ました。
    試験中も痛みで汗だくだったので、合格通知が来た時は、「自分で自分を褒めよう!」と思いました。
    准サービス介助士の勉強をされ方には、更にスキルアップしてサービス介助士になって戴きたいと心から思います。
    私でも合格しました。
    頑張ってください!

    追伸)満月さん、もしかして御覧になっていらっしゃいますか?
  • 合格おめでとうございます。さらなる目標も掲げていらっしゃるのですね!
    ステップアップに向けて、次も頑張ってください(^○^)
    スタッフ一同、引き続き応援しております。
シェアする
8人のメンバーがいいね!と言ってます
8件の「いいね!」がありました。
この記事のタグ