学びーズ☆おしゃべり広場

【教えて!先輩】学習したことは、どんな場面で役に立ちましたか?

19
クリップ
みなさん、こんにちは!学びーズ運営スタッフです。
9月の『3周年記念!先輩も後輩も集まれ!学びーズキャンペーン』にて、仲間や先輩へのたくさんのご質問をお寄せいただき、ありがとうございました!

今回はその中から、下記の質問への回答を募集します♪


【受講修了後、講座内容(資格)を生活のどんなところで活かしていますか? どんな場面で役に立ちましたか?】


受講修了後に、学んだことがどんな風に活かされているか、役立っているのか教えてください♪

投稿してくださった方の中から抽選で、学びーズオリジナルQUOカードをプレゼント♪
対象期間は2017年10月2日(月)10:00~2017年10月31日(火)23:59です。

キャンペーンの詳細はこちら>>
19件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
  • 社労士講座を二年間、受講してました。

    残念ながら、合格報告ではありませんが、今度、年金アドバイザー3級の試験を受けます。

    技能応用の20問が合格のポイントですが、その学習にassistが大変役に立っています。

    ユーキャンのテキストやassistで学んだ知識で、試験を受けてきます!

    もちろん、本命の社労士は、来年に向けて頑張ります!
  • <調剤事務管理士>
     高齢の母が持病で通院しているのですが、薬を貰う度に「いつも同じ処方の筈なのに、何で金額が違う時があるの?」と聞かれます。
     この講座を学習したおかげで母に理由を説明出来ます。
    <介護事務管理士><准サービス介助士>
     両親が高齢なもので…。
     高齢者への対応や高齢者向けのサービスについて、備えあれば憂いなし。
     知識があるのと無いのでは安心感が違います。
    <宅地建物取引主任者(宅建士)>
     ハウスメーカーや不動産業界ではとても重宝されます。
     設計事務所から転職のお誘いもあります(笑)。
  • 現在、准サービス介助士の資格認定試験を受験して結果待ちの状態ですが、母が癌になり、週2回総合病院へ通院しなければならなくなりました。その当時、私はまだ求職中で有ったため、私が母を連れて病院へ通いました。その時に、それまではお年寄りの方の行動の遅さにイラついたりしましたが、それも「見守るのも介助」の教えを思い出し、ゆっくりした気持ちで待つことができました。また、処置室の前で車椅子で方向転換するのに難儀されているお年寄りがいらっしゃったのですが、講座で車椅子の扱い方を学んでいましたので、お手伝いをして大変感謝されました。今後も、この講座で学んだことを日常生活に活かして行きたいと思います。
  • プチイラストは、お手紙やメモに役立っています。お友達とお茶したときも学んだイラスト描いておしゃべりしたり、楽しく役立っています。
  • 中小企業診断士検定は役立ちました。社内で政策立案業務に携わったり、何かジャッジメントをする際、経験則だけで決定を下す事に不安を感じていました。しかし本講座を学習してからは知識面が経験に補完される事から不安は無くなり、自分の判断に自信が持てるようになりました。
シェアする