学びーズ☆おしゃべり広場
10
クリップ
第4回添削課題が帰って来ました!
先生は立原えりか先生なのか、スタッフの方なのか、
分からないのですが、
「大変良い」とか「表現も鮮やかです」とか「心あたたまるストーリーです」とか
評を描いてくださっていて、
とっても嬉しく思いました。

次回はいよいよ私のオリジナル作品の提出です。
またいろいろ頭をひねろうと思います・・・☆
10件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
  • アニモさん、
    コメントありがとうございます。

    掌編童話は立原えりか先生の童話塾の中の添削課題のひとつです。
    そしてこの掌編童話は4つのキーワードが与えられていて、
    それを全て使ったうえで書くという課題です。
    随分長い間アイデアが浮かばず、
    キーワードに関する書物も読み、
    その後暫くしてやっと書けたのです。
    私の場合、読書量が圧倒的に少ないので、
    キーワードのひとつ、ドラゴンについて勉強し、
    その上で書き上げました。

    本がすきなのでしたら、
    アニモさんにとっては、
    いまさらドラゴンとは?などと考えるまでもなく、
    書き出せるかも知れませんね。

    私はまだどのコンクールにも作品を出したことがありませんが、
    これから、どんどん書いていければ、
    充実した日々を過ごせそうです。

    お互い頑張って参りましょう!
  • こんばんは。
    はじめまして。
    掌編童話のコースってあるんですね?初めて知りました。
    だいぶ昔、新聞社の懸賞小説に応募したことがあるんですが、もちろん、ボツですけど、本好きが高じて書きたくなる自分がいました。
    現在、他のコースを受けているんですが、次回、ちょっと、コースの詳細を見てみようかな…と思っています。
    マナビーズに登録して良かったぁ~!
    ありがとうございます。
  • こんにちは(^-^)
    いま「ストレスについて学んでいます。
    中盤あたりにさしかかりました。

    問題ごとや悩みをひとりで長く抱えやすいタイプなので、講座で理解はできてもなかなか
    実践までには難しい(^_^;)

    今、実家の親のことで悩んでいます。
    老いにはいり、気弱になって精神的にたよってきます。

    義親の方の介護がメインで子供もまだ小学生で・・、申し訳ないながら、実母の方まで
    気が廻りません。
    ほとんど音信不通の姉のところへ「様子をときどき見に行ってくれないか」と頼みにいってみましたが、
    詳しくはいえませんが、話になりませんでした。

    「ときどき顔を見せに帰ってあげればいんじゃないの?」
    と友達はいってくれますが、それさえしんどいときもあります。

    母自身の性格がかたくななところがあり、人とまったく話さないので、話す内容も
    昔話か病気の話ばかり・・・。接するのも話を聞くのもしんどくて。

    私も体調が悪に波があり、義親の方が病状が重いので、無理しなくていいでしょうか?
    出来るときに、出来る範囲でいいでしょうか?

    責任を感じながらも、重荷に感じてしまう自分も悪く感じてしまいます・・・。
    • おむすびさん、今日は。
      今問題になっている、2世代介護と多重介護ですね。
      子育てと義親と実親の介護を一人で抱え込んでしまう状況ですね。
      私は4月から介護施設で働いていますが、おむすびさんのような背景の方も多くいらっしゃいます。
      地域包括センターで相談をしてみたらいかがですか。自分自身も参ってしまうと思いますので、良い解決策が見つかると思いますよ。
    • おむすびさん、
      たいへんそうですね、
      2世帯介護から生じるストレス、
      大丈夫ですか。

      心苦しいのですが、
      私は主人と二人で子供もなく、
      横に義母が住んでいるのですが
      元気な人で、
      私の両親もまだ元気に過ごしています。
      ですから、
      おむすびさんのお悩みに答えられるほどの
      経験がないのです。。。

      お姉さまがいらっしゃるようですが、
      日頃から音信不通なのですね、
      先ずはそこを克服することで、
      協力体制が出来るかもしれません。
      浅知恵ですが。。。

      おかあさまの話の内容が
      重いのでしたら、
      あえて、聞くふりをして聞かないように努めてみては?
      そうすれば、
      一緒に過ごすのも苦痛を感じずにいられるかもしれません。。。
      これも、
      浅知恵なのですが。。。

      決して無理はなさらないようにしてくださいね。
      私たち現役世帯は働き続けねばなりませんもの。
      毎日休息をとるのだって大変なことなのですから。。。

      私も精神の病のため、
      休息をとることを意識して過ごしていますよ。
      そうしないことには仕事に支障をきたしてしまいますから。
      仕事だけではないです、主婦業もお付き合いもありますでしょ。

      私でよければまた、
      コメントください。
      頑張りすぎず自分を責めず気楽に構えていきましょうね、
      それは誰もが心がけるべきことですから。。。
      ではまた。
  • runrun!さん、今晩は。
    確かにラブストーリーのテーマは「愛」に尽きると思いますが、「妬み・嫉妬・恨み」などは童話としては不適切ですね。
    相手を慈しむ心、見守る愛、難しいですね。「愛」哲学の根本ですし永遠のテーマですものね。
    ラブストーリーほど、難しいものはないですね。
    • SANBAさん、

      そうですね、
      私の構想は甘いかもしれません。
      出会った二人が結ばれるだけの話なので・・・。
      場面一つ一つはとてもきれいなものを考えていますが、
      テーマがあるとすれば、それは何かと問われた場合に、
      返事に困るのです・・・。

      現在、
      学びオンラインプラスの質問への解答を待っている段階です。
      書き始めたらあっという間ですが、
      書き始めるまでアイデアを絞るのが、
      時間のかかる作業なんですよね・・・。

      書くことは楽しい。
      でも書くまでが大変。
      きっと他の受講生も同じようなことを考えてると思いますが・・・。
      もどかしいです。
  • 童話でもラブストーリーはありますが、
    先生はテーマがなければならないとおっしゃってたので。。。
    私の頭にあるストーリーのテーマが何かと問われたら、
    きっと黙り込んでしまうと思うのです。

    この作者は何が言いたかったんだろう?というような作品は
    駄目だと。

    ラブストーリーにテーマがないと駄目なのだろうかと
    考えあぐねています。。。
シェアする
投稿の報告
「学びーズ」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる